1. ホーム
  2. News&Topics
  3. 領域・コースから
  4. 中井恒仁&武田美和子ピアノデュオ(第11回つくばリサイタルシリーズ)

News&Topics

中井恒仁&武田美和子ピアノデュオ(第11回つくばリサイタルシリーズ)

第11回つくばリサイタルシリーズ

中井恒仁&武田美和子 ピアノ・デュオ

2台ピアノで奏でるオーケストラ ~名曲を旅する~

本学学生有志が主催し、比較文化学類が共催するつくばリサイタルシリーズ、第11回は本シリーズ初のピアノデュオです。東京からピアノを運び、日本を代表するピアノデュオが、つくばカピオホールを絢爛たるサウンドで満たします。

プログラムもみなさんご存知の名曲ばかり。一般1,000円、学生無料(要申込)という気軽な設定になっております。コロナを受けて今回も全席指定、公的ガイドラインに従い、万全の感染症対策のもと実施します。みなさまのご来場をお待ちしております。

第11回リサイタル

 

日時:2022年1月23日(日)

会場:つくばカピオホール

開演:14:00 (開場:13:15)

プログラム
J. シュトラウスII世/ワルツ「美しく青きドナウ(連弾)
スメタナ/「モルダウ」~交響詩「我が祖国」より(連弾)
江藤光紀/Imaginary Journeys(初演)
サン=サーンス/ 組曲「動物の謝肉祭」(2台ピアノ)
ベートーヴェン/「歓喜の歌」(交響曲第9番第4楽章、2台ピアノ)

演奏会紹介動画

 

日本で唯一、世界でも大変稀な、それぞれのソロとデュオ両部門で「国際音楽コンクール世界連盟WFIMC」加盟のコンクールで入賞しているピアノデュオ。夫妻で共に東京藝術大学、ミュンヘン国立音楽大学大学院修了。6枚のCDをリリース。レコード芸術誌特選盤等に選出され、3枚のCDが全日空国際線オーディオ番組でも放送される。TVやラジオの出演や、音楽誌「ショパン」の連載やデュオ特集では表紙を飾る。アメリカ、ドイツ、イギリス、中国等、海外でも多くのリサイタルを行い「ナイトの称号を与えるべき音楽芸術」と最高級の言葉で新聞紙上にて高く評価される。フランス、韓国、中国の音楽祭に指導と演奏で招聘される。2014年久留島武彦文化賞受賞。
https://nakai-takeda.com (Website)

https://twitter.com/nakai_takeda (Twitter)

中井恒仁は、日本音楽コンクール第3位、国際コンクールにおいても、ブラームス第2位、セニガリア第1位、ヴィオッティ’97第3位。現在、桐朋学園大学ピアノ部会主任教授、名古屋音楽大学客員教授。
武田美和子は、全日本学生音楽コンクール高等学校の部、東日本第2位、国際コンクールにおいて、マリア・カナルス第3位、ヴィオッティ’98第3位入賞。上野学園大学、埼玉県立大宮光陵高等学校、桐朋学園大学大学院講師。

チケット申し込み

https://teket.jp/1479/5971


公式ブログ

https://recitaltsukuba.hatenablog.com/

また現在クラウドファンディングを実施しております。
https://readyfor.jp/projects/tsukuba-recital-11



アンケート

筑波大学 比較文化学類ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
In order to improve the website of College of Comparative Culture at the University of Tsukuba, we would like to hear your opinions and thoughts.
We cannot respond to your opinions and thoughts. Thank you for your understanding.

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る