Learning place学びの場

履修プラン・モデルCourse Plans and Models

【コースのコンセプト】

フィールドワークによって人間の営みに参与し、文化の多様性と普遍性について理解したうえで、「人間とは何か」を深く考えること。

 

【履修プラン・モデル】

  • 1年次:文化人類学、民俗学の基礎的知識や基本的な考え方を修得する必要があります。文化人類学概論民俗学概論などの概論科目やフィールド文化領域入門演習Iなどを履修し、文化の多様性とその比較研究に関して学習を進め、学問を深めるための基礎体力を養います。なお、近接学問である、文化地理学や宗教学、日本研究などの地域研究の概論などを履修することもお勧めします。
  • 2年次文化人類学研究民俗学研究中東・中央アジア文化研究の受講により、専門的知識を高めていきます。またそれぞれの研究演習の受講により文献を読み込む能力を高めたうえで、みずからの思考をプレゼンテーションし、他者に理解してもらう能力を養います。また、2年次からは実習に参加することもできます。実習によって、文化人類学や民俗学の方法論にもとづくフィールドワークを経験し、学生みずからが課題を発見し、問題系を構築する能力や、フィールドワークを通じたコミュニケーション能力を養います。また、それぞれの関心に応じて、近接学問(地理学、歴史学、宗教学等)の講義および演習を履修し、専門知識を深め、方法論を修得します。なお、2年次の終わりに、どのコースに進むかを決めます。
  • 3年次:自分のコースと、指導教員が決まります(その後も変更可能)ので、2年次と同じく専門科目を履修するとともに、指導教員と相談しながら卒業論文のテーマ・フィールドを考え、基礎的な資料の収集と整理をはじめます。最近の就職活動の時期を考えると、夏休み頃から卒論に向けたフィールドワークがはじめられることが望ましいです。また大学院進学を考える学生は、積極的に演習などを受講し、また自分でも勉強しながら、専門に関する知識とスキルを積極的に高めてください。4年生の卒論ゼミへの自主的な参加も歓迎します。
  • 4年次:個別の文献研究およびフィールドワークを行い、卒論ゼミでの進捗発表と議論を生かしながら、それまでに得た知識と結びつけて、卒業論文を仕上げます。

アンケート

筑波大学 比較文化学類ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
In order to improve the website of College of Comparative Culture at the University of Tsukuba, we would like to hear your opinions and thoughts.
We cannot respond to your opinions and thoughts. Thank you for your understanding.

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る