学生のページ

盆LIVE(2015年10月)

 去る10月3日(土)、つくば市の研究学園駅前公園にて、比較文化学類の学生が発起人となって、新しいお祭りを実施いたしました。その名も「盆LIVE」、盆踊りのお祭りです。文化を研究する学類生として、そしてつくばという土地に住む一員として、この地域のみんなが共に楽しむ空間を目指しました。

 つくばは、昔からお住まいの方以外に、県外出身者を多く含む筑波大生や、海外国籍の方が数多く住むという個性を持っています。そうした外部からやって来た方にとってつくばが大切な土地になること、そして、地域の皆さんと一緒に文化をつくりながら「生きる」ことを実感してもらいたいと考えました。

 そこで、ただ見ているだけでなく、誰もが、特別な練習をしなくても、踊りが下手でも、一緒に輪に入って祭りの構成員になれる「盆踊り」を題材に、「本物の」「生の」文化をつくるべく、「LIVE」というコンセプトとともに、生演奏と踊るLIVE感覚のお祭りを実現しました。

 当日は、第1回目の祭りでありながら常時100人程が会場にいる状態となり、地域の家族連れの方々にも多くご参加頂けました。留学生に櫓の上で踊りの見本をしてもらったり、生演奏をしてもらったり、また地域の方にも屋台の出店、パフォーマンスや演奏といった運営に携わって頂きました。

 開催に向けて立ち上げた実行委員会は、未熟な部分も多かったですが、大学外の方を多く含む様々な皆様のご厚意や励まし、ご協力に支えられ、無事にお祭りを実施いたしました。今後も、つくばの一員として、毎日を暮らすこの土地の文化を支えていくような活動が出来るよう努めていきたいです。

文責:盆LIVE実行委員会 代表 杉山萌依子
 
『盆LIVE 1』の画像

『盆LIVE 2』の画像

『盆LIVE 3』の画像

 

 

 

アンケート

筑波大学 比較文化学類ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る