学生のページ

「Us and Them: Korean Indie Rock in a K-Pop World(講演・映画上映会)」(2017年10月18日)

10月18日に、つくばを訪問中のヴィクトリア大学ウェリントン(ニュージーランド)のStephen Epstein先生による講演とドキュメンタリー上映会を行いました。

『us and them 1』の画像エプスタイン先生は韓国のポップカルチャーを研究されており、2013-14年にニュージーランドのアジア研究学会の会長を務められています。これまで多数の論文に加え、韓国語・インドネシア語の小説の翻訳を出版されたり、研究に関わるドキュメンタリー映画を2本、共同制作されています。今回は2002年の『Our Nation』に続く、韓国インディー・パンクのシーンを描いた『Us and them: Korean Indie Rock in a K-Poo World』(2013年)を上映しました。

『promo』の画像上映に先立ち、エプスタイン先生から、先生ご自身の研究関心について、また韓国の音楽シーンの背景となる、国内やグローバルな政治経済的な状況について、ご説明いただき、さらに実際のコンピレーションアルバムのジャケットやフェスのポスターなどをもとに、いかにパンクという異国の文化が韓国に取り入れられてきたのか、そのなかでの韓国性(Korean-ness)がどのように変遷してきたのか、など大変興味深い点について解説していただきました。

ドキュメンタリーでは、Crying NutsやThe Geeks, Rocktigersなどのメンバーのインタビューも交えて、パンクの聖地ホンデに集まり、国内でメジャーになって海外にも出ていくK-popアイドルに対してアンヴィヴァレントな態度を取りつつ、自分たちの音楽を探求し、そして(流暢な英語を操り、しかし会社でも働きながら)海外のフェスやツアーにも出ていくパンクロッカーたちの姿が生き生きと描き出されていました。

『us and them 2』の画像

質疑応答では、タイトルの意味、韓国パンクにおけるグローバリゼーションとは何か、国家の文化外交政策、ヒップホップや日本のインディー音楽との比較など、様々な興味深い話題が出ました。また質問も英語、韓国語、日本語が入り混じるたいへんコスモポリタンな会になりました。懇親会ではエプスタイン先生はロシア語も話され、さらにThe Blue Heartsや少年ナイフなど日本のパンクロッカーたちについても語られるなど、その知識の幅広さに参加者は驚くばかりでした。

エプスタイン先生、どうもありがとうございました。

 

 

 

アンケート

筑波大学 比較文化学類ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る