学生のページ

「比文バトン」(2017年2月15日)

去る2月15日(水)5~6限に「比文バトン」を開催しました。

昨年度も実施したこの企画、就活・卒論を終えた4年生の先輩方との交流会です。昨年実施したクラ代アンケートで「縦の繋がりが欲しい」、という意見が寄せられたのを受けて企画いたしました。

前半は4年生が自分の卒論テーマと内容についてひとり5分程ずつ発表し、後半は就活・卒論・学校生活などについて自由に懇談してもらう時間の2部構成で実施しました。ゼミが無い比文にとって、同じ領域の先輩とつながる貴重なチャンスとなり、当日は40人ほどが参加(うち4年生が約15人)し、盛況のうちに終了しました。

以下が当日発表のあった卒論タイトル(カッコ内はコース名)です。比文の学際性、多様性がよく分かりますね。

  1. 「近世後期奥州中村藩における罪在郷給人の存立形態と地域社会」(日本研究)
  2. 「ネパール・カトマンズ盆地におけるクマリ信仰の伝統と現代的諸相」(アジア研究)
  3. 「新疆・フェルガナ間の越境の諸相―コーカンド・ハーン国史料から見たカシュガル・ホージャ家の活動―」(文化人類学)
  4. 「マレーシア・ペナン島における日本人ロングステイヤー居住地域の空間的特性」(文化地理学)
  5. 「渡辺克巳研究―新宿における撮影行為をめぐって」(文化創造論)
  6. 「脱美術館化するアート・プロジェクトに見る美学の変容」(先端文化学)
  7. 「日韓から見るスポーツと政治的感情の関係~新たなライバル像の構築に向けて」(情報文化学)
  8. 「ウィリアム・ジェイムズと死後の意識存続」(現代思想)
  9. 「死の恐怖について」(現代思想)
  10. 「ムスリムファッションの変容―インドネシアを中心に―」(比較宗教)

『比文バトン1』の画像

『比文バトン2』の画像

『比文バトン3』の画像

『比文バトン4』の画像

アンケート

筑波大学 比較文化学類ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る