学生のページ

オハイオ州立大学Shank先生との交流会(2017/1/18)

 2017年1月18日、比較文化学類と相互交流を行っているアメリカ・オハイオ州立大学から来日中のBarry Shank先生をお迎えし、比較文化学類の学生と交流を深めるイベントが行われました。企画は学類国際交流委員の木村武史先生のサポートを受け、学類1、2年生からなるチームで行いました。

 当日は、比文プロジェクト局長の古畑君のあいさつの後、木村武史先生がShank先生と、当日ゲスト参加してくださった比文卒の漫画家横井三歩氏の紹介を行いました。

 続いて、Shank先生によるミニ講義が行われました。内容は1950年代までのアメリカにおけるBlues音楽にまつわるもので、大変興味深く、関心を持った学生から質問が出ていました。

『shank02』の画像

 その後、運営チームの学生が、WHAT'S HOT NOW」と題して、日本の若者文化の紹介をパワーポイントを用いて行いました。内容は最近話題になってきている文化、とりわけ「アイドル文化」「漫画、アニメにおけるBL、百合(女性同士の同性愛)人気、擬人化ブーム」を取り上げ、最後に一部のオタクに好まれていた文化がいつのまにか日本のポップカルチャーをけん引している現状の説明を考察として行いました。

 その後はプレゼンに関するディスカッションを行いましたが、Shank先生はBLが好まれている理由や「ユーリ!on ICE」について紹介した際、アイススケートがアニメのトピックとして選ばれたこと、アイドルが大人数グループ化していることについて興味を持たれていました。終了後、Shank先生・横井さんを囲んで希望学生で和やかに夕食会を行いました。

『shank01』の画像

 

アンケート

筑波大学 比較文化学類ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る